ヘッダーイメージ 本文へジャンプ

UNU and IR3S Consultation conference on

Role of higher education in adapting to climate change

for

Establishing a regional network to develop a postgraduate educational programs on climate change adaptation


国際連合大学 (UNU-ISP)・東京大学(IR3S)共催

「気候変動適応に関する高等教育」シンポジウム

気候変動適応に関する大学院教育プログラム開発のための
地域ネットワークの構築を目指して


Date :    June 10-12, 2009

Venue : United Nations University, Tokyo, Japan 


2009610日(水)10:3018:3010:00受付開始)


於 国際連合大学 ウ・タント国際会議場


*This event is FREE and open to general public for the first Day (10 June) ONLY.
Advance registration is required.

*本会議は6月10日(水)のみ一般公開を致します。参加をご希望の方は事前にオンライン登録をお願いいたします。
http://wm.hq.unu.edu/?q=node/47
  

入場無料。日英同時通訳つき。



BACKGROUND

United Nations University has been holding discussions with a number of partner institutions engaged in research and education on effective ways the higher educational sector could assist societies in adapting to climate change. Capacity development, to assess impacts and design appropriate adaptation strategies, have always emerged as one of the most important contributions we need to make. Towards this end, United Nations University, Institute for Sustainability and Peace, located in the UNU headquarters in Tokyo, with the consortium of universities for Integrated Research Systems for Sustainability Science (IR3S) coordinated by the University of Tokyo, Japan, is organizing a consultation symposium from the 10th to 12th of June, 2009, at the UNU headquarters in Tokyo, Japan.



国際連合大学 (UNU-ISP)・東京大学(IR3S)共催

「気候変動適応に関する高等教育」シンポジウム

気候変動適応に関する大学院教育プログラム開発のための
地域ネットワークの構築を目指して

 

2009年6月10日(水)10:30~18:30(10:00受付開始)


於 国際連合大学 ウ・タント国際会議場

 

 

 

地球規模で取り組む開発課題として、気候変動適応策は最重要課題にあげられています。今日、深刻な脅威となっている気候変動に対して、どのように適応していくのでしょうか――気候変動負の影響への解決策は、地球規模および広域レベルでの経験や知識に支えられながらも、地域・局地レベルで開発されなければなりません。とくに、地域主体の適応戦略を発展させていくには、社会基盤の脆弱な地域を中心に、地域に根差す有用な技術および人材資源の開発が必要となります。これは、適応策の実施機関と地域社会が連携をはかりながら、国や地域ごとのニーズに応じた適応分野の研究が大学院教育の場で行われて、はじめて達成できることです。

気候変動適応策の専門知識や諸見解は、これまで主に国際的な討議の場にとどまり、本来それをもっとも必要とする途上国の人々まで届いていませんでした。この状況を改善するために、今日、高等教育機関の緊密な協力体制が求められます。すなわち、連携体制、学際研究、教員や学生の研究交流、共同学位プログラムといった活動を通して、多様なステークホルダーの連携が促進されます。さらに、こうしたステークホルダー間の連携協力を機に、地域レベルでの効果的な適応策推進に必要とされる各ステークホルダーの経験およびデータの相互共有が可能になります。

国際連合大学サステイナビリティと平和研究所 (UNU-ISP) は、東京大学サステイナビリティ連携研究機構 (IR3S)と共催で、シンポジウムを開催いたします。シンポジウムでは、気候変動適応分野において高等教育機関が果たし得る役割及びそのための地域ネットワーク構築について、議論してまいります。




AIM

The conference aims to brainstorm discussions on:

  1. Development of a common curriculum with a number of courses covering general overview topics to specialized topics on water and food security
  2. Joint post graduate and student exchange programs
  3. Specialized training programs to share methodologies and tools
  4. Development of joint research programs

 

The first day of the conference is an open forum to share perspectives on various aspects need to be considered in adapting to climate change and how academia can develop an “adaptation science” to deal with this challenge in an effective manner.   The second and third days will be a close workshop where leading universities and research institutes will share current activities and plan for shared programs on climate change adaptation.





Organized by
Institute for Sustainability and Peace
United Nations University (UNU)


Integrated Research System for Sustainability Science (IR3S),
The University of Tokyo



 Water Modeling Monitaring and Managing


フッターイメージ