開催趣旨

2011年は東日本震災に加え、国内では台風、海外ではインドシナ半島での洪水など、大きな気象災害が起こった年でもありました。地球温暖化により将来的な異常気象の増加が懸念される中、温暖化による影響をどのように伝えればよいのか、また過去の異常気象現象を、どのように温暖化影響のコミュニケーションに活かすことができるのか、研究者とメディアの方々を交えて議論したいと思います。

 

開催日 2012年1月31日(火)午後2時 - 午後5時(終了後、懇親会を行います)
会 場 大手町三菱総研ビル2階セミナー室
対 象 地球温暖化を扱うメディア関係者および研究者 (注:一般の方のご参加はご遠慮ください。)
主 催 東京大学サステイナビリティ学連携研究機構、(独)国立環境研究所
お問い合わせ 温暖化リスクメディアフォーラム事務局 (株)プライムインターナショナル内
(E-mail:mediaforum4@prime-pco.com Tel:03-6277-0117)