生物多様性とサステイナビリティ−自然と調和した社会をつくる Biodiversity and Sustainability: Rebuilding Society in Harmony with Nature

更新情報

2010年3月27日
日経新聞(朝刊)に当シンポジウムの記事体広告が掲載されました。
2010年3月27日
講演者の講演資料を掲載いたしました。
2010年2月27日
シンポジウムを開催いたしました。
2010年2月23日
定員に達したため、参加受付を終了いたしました。
2010年1月5日
参加募集を開始いたしました。

2010年は国連の提唱する国際生物多様性年にあたり、また愛知県名古屋市において生物多様性条約の第10回締約国会議(COP10)が開催される年でもあります。COP10では世界の生物多様性と生態系を保全、管理、再生していくための長期的戦略が話し合われることになっています。この国際シンポジウムでは、そうした長期的戦略を考えるための前提となる、環境変動に対する生態系の回復力や、生態系のもつさまざまな恵み(生態系サービス)をどう評価し、自然と調和した持続可能な社会の構築にどう結びつけていくかについて、この分野の第一線でご活躍の方々に講演をいただきます。また、パネル討論では、日本の里地里山に見られるような伝統的に維持されてきた人間・自然関係を再評価し、現代の持続可能な社会システムとして再構築する方策など、具体的な生物多様性・生態系保全のあり方を多面的に検討します。

Not only is 2010 the International Year of Biodiversity, it is also the year that the 10th Conference of the Parties (COP 10) to the Convention on Biological Diversity will be held in Nagoya, Aichi Prefecture. COP 10 participants will discuss long-term strategies for conserving, managing, and regenerating the worlds biodiversity and ecosystems. At this international symposium, participants will explore ways to link the building of a sustainable society in harmony with nature with the scientific assessment of ecosystem services. These links will serve as the foundation for structuring long-term strategies. In particular, there will be a multi-faceted exploration of how to assess and rebuild traditionally human nature relationships into modern sustainable social systems.

概要

主催
Organized by
東京大学サステイナビリティ学連携研究機構(IR3S)
Integrated Research System for Sustainability Science (IR3S), The University of Tokyo
共催
Co-organized by
生物多様性条約事務局
The secretariat of the Convention on Biological Diversity (SCBD)
協賛
Co-sponsored by
日本経済新聞社
Nikkei Inc.
後援
In collaboration with
環境省
国際連合大学サステイナビリティと平和研究所・高等研究所
日本経済団体連合自然保護協議会
日本生態学会
日本造園学会
IUCN日本委員会
WWFジャパン
Ministry of the Environment, Government of Japan
United Nations University Institute of Advanced Studies
United Nations University Institute for Sustainability and Peace
Nippon Keidanren Committee on Nature Conservation
Ecological Society of Japan
Japanese Institute of Landscape Architecture
Japan Committee for IUCN
WWF Japan
日時
Date
2010年2月27日(土)13:30〜17:00 (13:00開場)
Saturday, February 27, 2010, 1:30 p.m. to 5:00 p.m. (open 13:00)
会場
Venue
東京大学 安田講堂
The University of Tokyo, Yasuda Auditorium
入場料
Admission
無料
free
お申し込み方法
Registration

参加ご希望の方は、下記の「お申し込みフォームへ」ボタンからお申し込みください。
受講券メールを先着順にて事務局より発送いたします。なお、定員になり次第、締め切らせていただきます。

当イベントは終了しました。
お問い合わせ

サステイナビリティ学連携研究機構 事務局
email:

プログラム

※1月5日現在。敬称略。予告なく変更になる場合がありますので、最新の情報は本ホームページでご確認ください。
※講師名をクリックすると略歴がご覧になれます。
※日英同時通訳付き Japanese-English simultaneous translation will be provided.

13:30-13:35 趣旨説明
花木 啓祐
東京大学IR3S兼任教授・大学院工学系研究科教授
Introduction
Keisuke Hanaki
Adjunct Professor at IR3S and Professor at Department of Urban Engineering, the University of Tokyo
13:35−13:45 開会挨拶
濱田 純一
東京大学総長・IR3S機構長
Opening Remarks
Junichi Hamada
President and IR3S Executive Director, The University of Tokyo
13:45−14:10 講演「変動する地球環境に生態系はどこまで耐えられるか」 資料[PDF/1.5MB]
カール・フォルケ
ストックホルム大学ストックホルムレジリアンスセンター科学ディレクター
スウェーデン王立科学アカデミーベイエ生態経済学研究所所長
Speech: "How Resilient are Ecosystems to the Global Environmental Change" Presentation [PDF/1.5MB]
Carl Folke
Science Director, Stockholm Resilience Centre, Stockholm University;
Director, Beijer Institute of Ecological Economics, Royal Swedish Academy of Sciences
14:10−14:30 講演「グローバル化時代の生物多様性と生態系の保全」 資料 [PDF/1.8MB]
ジェーン・スマート
国際自然保護連合(IUCN)生物多様性保全グループディレクター・種のプログラム代表
Speech: "Biodiversity and Ecosystem Conservation in the Globalized World" Presentation [PDF/1.8MB]
Jane Smart
Director of IUCN’s Biodiversity Conservation Group and Head of the Species Programme
14:30−14:50 講演「生物多様性条約の目標と国際生物多様性年の意義」 資料 [PDF/0.6MB]
アフメッド・ジョグラフ
生物多様性条約(CBD)事務局長
Speech: "The Aims of the Convention on Biological Diversity and the Significance of International Year on Biodiversity" Presentation [PDF/0.6MB
Ahmed Djoghlaf
Executive Secretary of the Convention on Biological Diversity (CBD)
14:50−15:10 講演「里地里山と新たなコモンズの創造」 資料 [PDF/8.9MB]
武内 和彦
東京大学IR3S副機構長、国際連合大学副学長
Speech: "Satoyama Landscape and the Creation of New Commons"
                                   Presentation [PDF/8.9MB]
Kazuhiko Takeuchi
The Deputy Executive Director of IR3S, The University of Tokyo; Vice Rector, United Nations University
15:10−15:30 休憩
Break
15:30−16:55 パネル討論
モデレーター:
武内和彦
パネリスト:
カール・フォルケ
ジェーン・スマート
アフメッド・ジョグラフ
鷲谷 いづみ 資料 [PDF/0.8MB]
東京大学大学院農学生命科学研究科教授
黒田 大三郎 
環境省参与
あん・まくどなるど 
国連大学高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット所長
熊野英介 資料 [PDF/0.4MB]
アミタ株式会社代表取締役社長
Panel Discussion
Moderator:
Kazuhiko Takeuchi
Panelist:
Carl Folke
Jane Smart
Ahmed Djoghlaf
Izumi Washitani Presentation [PDF/0.8MB]
Professor, Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo
Daizaburo Kuroda 
Senior Councilor to the Minister of the Environment, Government of Japan
Anne McDonald 
Director of United Nations University Institute of Advanced Studies, Operating Unit Ishikawa/Kanazawa
Eisuke Kumano Presentation [PDF/0.4MB]
President, AMITA Corporation
16:55-17:00 閉会挨拶
住 明正
東京大学地球持続戦略研究イニシアティブ(TIGS) 統括ディレクター・教授

Closing Remarks
Akimasa Sumi
Executive Director and Professor, Transdisciplinary Initiative for Global Sustainability (TIGS), the University of Tokyo

※本シンポジウムは、文部科学省科学技術振興調整費「戦略的研究拠点育成」事業により開催されます。
※東京大学ではウォームビズを実施しておりますので、当日は暖かめの服装でお越し下さい。